前へ
次へ

家族葬における有難い部分

家族葬というのは参列人数の確定がしやすいです。
不特定の人に来てもらうというようなやり方をするようなタイプの葬式ではありませんので予算の把握というのもかなりしやすいことになります。
そうしたところが家族葬の良いところであると言えるでしょう。
基本的に近親者のみで行うということになりますので弔問客などを一切気にしないで済むようにも出来るようになります。
もちろん、多少は呼ぶということも可能です。
極端な話こうしなければ家族葬とは言えないというようなやり方があるわけではないですし、プランによって違うことも多いですから、言い方は悪いのですが好きなようにしてしまえば良いということでもあります。
どうしてそのようなやり方をするのか、ということですが、その人によって事情というものは色々とあります。
事故とかあるいは自殺といったようなときにはあまり周りに知られたくないということもあるでしょう。
或は単純にあまり費用をかけないで、ということが目的であることもあります。

Page Top